舞台もしっとり秋の気配、10/16(木)~19(日)京都・先斗町歌舞練場で開催される「水明会」が稽古公開を披露

IMG_4257

 

京の花街の一つ、先斗町の舞台公演「水明会」の舞台稽古が、先斗町歌舞練場で公開されました。秋の気配が漂う舞台であでやかな舞を披露されました。

IMG_4256

 舞台では、演目ごとに芸妓さんが次々と登場し、指導を受けながらさまざまな動きを確かめて最後の仕上げを確認。101回目を迎える今回は計35人が出演、4演目を披露する。長唄「鶴亀」で幕を開け、水明会では初披露となる清元「梅ごよみ」から長唄「助六」と続き、お三輪(みわ)と橘姫が恋のさや当てを繰り広げる常磐津「妹背山」で締める。

 同会は、芸妓の精進を披露する場として1930年から続く伝統ある会午後4時開演のようです。

伝統芸能に触れるいい機会かもしれませんね!

 

『先斗町「水明会」』

《日時》

10/16(木)~19(日)

16時開演

《場所》

先斗町歌舞練場

《料金》

指定席8000円

《お問い合わせ》

先斗町歌舞会

TEL:075(221)2025

(はんなり菊太郎)

2014/10/15
ページの上へ