【京都】夏の風物詩・祇園祭宵山、新選組パレードが中止へ

LINEで送る

20150616093417sinsengumi[1]
(画像は京都新聞HPより)

 

毎年7月は、京都は祇園祭一色で染まり、たくさんの観光の方が世界中から訪れます。

 

平安時代の祈願祭から始まりとされ、1000年以上続く伝統行事なんです!

 

そして、毎年行われてきた京都新選組同好会さん主催で行われてきたパレードは、今年中止されるというニュースが入ってきました。

 

毎夏、祇園祭の宵山(7月16日)の昼間に約40年間行われてきた「京都新選組同好会」の新選組パレードが、今夏は中止されることが15日、分かった。同会が四条通の歩道拡幅工事に伴う渋滞を考慮した。来年からは違った形での顕彰事業を検討する。パレードは、1864年の祇園祭の宵山前日、新選組が志士たちの密談に討ち入った「池田屋事件」にちなんで実施してきた。「誠」の旗を先頭に、会員が隊士姿で壬生寺(京都市中京区)から八坂神社(東山区)までの四条通を練り歩いていた。同会によると、中京署とも協議し、車道の減少で渋滞が問題となっている四条通での通行は困難と判断した。6月14日に開いた総会で正式決定した。パレードの前に壬生寺で営む新選組隊士の法要は、予定通り行うという。同会の奈良磐雄副長(68)は「40回目になるはずだったが、四条烏丸以東の状況が厳しいと判断した。今年は中止にして、今後の顕彰活動については考えていきたい」と話している。(京都新聞より)

こちらの新選組のパレードは、毎年開催され、人気のパレードでした。

 

最近話題になりました四条通の道路工事の影響を受けてしまったようです。

 

壬生寺で行われる法要は開催されるとの事、また違った形で同会の顕彰活動を展開して頂きたいです。

 

 

(はんなり菊太郎)
LINEで送る

2015/06/17
ページの上へ