【京都】夏の風物詩、中京区先斗町周辺の鴨川で納涼床が始まりました!

LINEで送る

皆さんは今年のゴールデンウィークはいかがだったでしょうか?

 

有意義な連休を過ごされましたでしょうか?

 

京都市も日差しが強くなり、汗ばむ陽気になってきました!

 

そんな中、中京区界隈の先斗町鴨川では、夏の風物詩『納涼床』が始まったようです!

 

AS20160501002008_comm
(画像は朝日新聞デジタルより)

 

 

京都の夏の風物詩「鴨川納涼床(ゆか)」が1日夕、京都市内で始まった。この日、西日本は高気圧に覆われ、和歌山県新宮市で30・2度、高知県四万十市で30・1度と真夏日に。京都市でも27・8度となるなど各地で6月中旬~7月下旬並みの気温となった。

朝日新聞デジタルより抜粋)

 

 京都の夏の風流を感じさせる季節ですね!

 

全国各地からは当然のこと、今や世界中から観光として納涼床を体験されたり、ツアーに組み込まれたりと大賑わいになってきております!

 

今年の納涼床の詳しい情報は、京都鴨川納涼床協同組合さんのホームページからもご覧頂けます。

 

 

(はんなり菊太郎)

LINEで送る

2016/05/05
ページの上へ