【京都】歴史的哲学者・西田幾多郎さんが住んでいた左京区の住宅の取り壊しが始まりました

LINEで送る

Kitaro_Nishidain_in_Feb._1943
(画像はWikipediaより)

 

写真は、日本を代表する哲学者・西田幾多郎さんです、京都学派という哲学の創始者として有名な方です。

 

そんな、西田幾多郎さんにまつわるニュースがありました。

 

AS20160608001193_comm
(画像は朝日新聞デジタルより)

 

 

哲学者西田幾多郎(きたろう、1870~1945)が大正時代に住んだ京都市左京区田中上柳町の住宅の取り壊しが決まり、8日に解体作業が始まった。ここに、のちに京都学派と呼ばれる人々が集った。思索にふける西田が往復したという2階の廊下と書斎の一部は、京都大学総合博物館などで保存されることが決まった。

朝日新聞デジタルより一部抜粋)

 

京都市左京区にあった住宅で、西田さんは大正時代に10年間ほど住まれていたそうです。

 

歴史的にも貴重な建物で、取り壊されてしまうのは残念ですが、一部は京都大学総合博物館などで保存されるそうです。

 

 

(はんなり菊太郎)

LINEで送る

2016/06/09
ページの上へ