【京都】珍しいイチョウ!?右京区・平岡八幡宮で葉の上に実を付けるイチョウが見つかる

LINEで送る

le_temple_shinto_hiraoka_hachiman-gu_-_le_lieu_du_culte_shin-den2
(画像はウィキペディアより)

 

こちらは京都市右京区にある平岡八幡宮です。

 

先日平岡八幡宮で珍しいイチョウの葉が見つかったそうです。

 

 

京都市の平岡八幡宮で、葉の上に実がなる珍しいいちょうが確認され、神社では、これからピークを迎える紅葉の新たな見どころとして多くの人に訪れてほしいとしています。 京都市右京区の平岡八幡宮で確認されたのは、通常のいちょうが変異して葉の上に実を付ける珍しいいちょう、「オハツキイチョウ」です。 先週、参拝に訪れた男性が葉の上に実をつけたぎんなんを見つけて宮司に伝え、京都府立植物園の職員が調べたところ「オハツキイチョウ」と確認されました。

NHKニュースウェブより一部抜粋)

 

 

葉の上に実が付いているという不思議な状況ですが、その画像がこちら↓

 

4028011_2004028011_m
(画像はNHKニュースウェブより)

 

確かに葉の上に実が付いていますね!!このイチョウが発見されたのは、亀岡市の丹波国分寺跡に次いで2例目だそうです。

 

イチョウの見頃の季節にもなってきています、皆様も京都にお越しの際はぜひ不思議なイチョウを見つけてみてはいかがでしょうか?

 

 

(はんなり菊太郎)

LINEで送る

 
2016/11/01
ページの上へ